事業基盤を強化・再編したい

3ヶ月以内に偉大なことを成し遂げる方法

From:海東和貴
渋谷のスターバックスより

仮に3ヶ月以内に何か大きなことを成し遂げようとしたとき、
あなたなら、何をしますか??


パターンA:
アクションリストを細かく設定し、期日を定め、
あれもやらないとこれもやらないとと、
誰かに急かされているような感覚で時間を過ごす。


パターンB:
形から入る、という価値観のように、
最初の1~2週間に雰囲気をつくって自分を盛り上げ、
自分をわくわくさせるように空気を盛り上げていく。


かなり大雑把に当てはめると、
前者(パターンA)は左脳型の考え方です。
後者(パターンB)は右脳型の考え方です。

本屋に行くと、目標達成のための方法として、
この2通りの考え方に基づいて書かれている本が多いです。
そして、大抵の場合、
どちらか一方に比重が寄っています。

引き寄せの法則を、
ややスピリチュアルな方向性で書いてある本もあれば、
行動計画を細かく立てる方法について
書かれている本もあります。


ここでは、どちらか一方を賞賛したり
非難する意図はありません。

目標達成には、
両方の考え方をバランス良く用いる方が良い、
ということを感じ取っていただくことが、
今回の記事の意図です。


石原明さん著作の、
『「成功曲線」を描こう。夢をかなえる仕事のヒント』
に、下記のような記載があります。


左脳:顕在意識⇒ハンドル 
右脳:潜在意識⇒エンジン 


まず、当然ながらハンドル“だけ”があっても、
目的地に向かって動き出すことはできません。

そして、エンジン“だけ”があったとしても、
走っているうちに運良く
目的地に辿り着いてしまうことは
あるかもしれませんが、
ほとんど博打の世界です。

両方が、バランス良く機能している方が、
目標到達への道は早いのは明白です。


冒頭の話に戻りましょう。

仮に3ヶ月以内に何か大きなことを成し遂げようとしたとき、
何をしたら良いのか。


まずは、エンジンを装着します。
形から入る、雰囲気をつくる。
何でも良いです。
自分を盛り上げ、わくわくさせるように
空気を盛り上げていく仕掛けをつくりましょう。


そして、ハンドルです。
期日を決め、自分が行う必要があることを、
“結果目標”ではなく、“行動目標”で決めます。

結果目標とは:
10人の契約をいただく!

行動目標とは:
(10人の契約をいただくためには
 100人に合わないといけないはずだから)
 ○○までに100人と会う!
 そのために、150人のリストをつくり、
 電話をかける!

これです。
行動を因数分解し、
それぞれの行動目標を設定して
それを着々とこなしていくことで
それがハンドルとなり、
あなたを目的の場所に導いてくれます。


あなたはこの3ヶ月以内に、
何を成し遂げますか??
 


サイン

 


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)