生産性を上げたい

交渉のテーブルから降りる

From:海東和貴
丸の内のオフィスより

今回の記事は、人によっては不快になるかもしれません。
怒りやすい人は、読まないでください。

ある本で、交渉のテーブルをこちらから降りようとすれば、
先方はそれを引き留めてくる、と読んだことがあります。

例えば、私がAというサービスを1,000万円で納品したいとします。
先方は、値下げの交渉をしてきます。
話は聴きますが、ある瞬間「それならこの話はなかったことで」
と、こちらから交渉を切り上げます。
そうすると先方はそれを引き留め、こちらが提示した条件に近い形で
合意形成をできる場合がある、ということです。

私はこのことを、ビジネスでも体験したことがありますが、
もう少し差し迫った状況でも体験したことがあります。

まだ記憶に新しい東日本大震災。
私は仲間と、避難所に向けて救援物資を運ぶボランティアに携わりました。
その日は、かなりの量の救援物資を、ある地区の校庭に運び、
近隣住民に配るというミッションでした。

しかしながら、その日の計画が雨天によって狂いました。
校庭では物資がびしょ濡れになってしまうため、
近くの地域センターのような建物で配ることになりました。

建物に着き、配布準備を進め、
近隣に拡声器を持って「救援物資が来た」旨のアナウンスをして回り、
それぞれが持ち場に着きました。
人が徐々に集まってきました。

するとここで、いざこざが起こったのです。

地域センターというものは、
町会によって使える人の区別があるようなのです。
○町会の人は使えるけれど、□町会の人は使えない。

何が起こったかと言えば、
□町会の人が物資を取りに来たときに、
地域センターを仕切っている人たちが、
「地区が違うだろう!泥棒!」と罵倒しはじめたのです。

確かに、状況はわかります。
我々も、現地の人と連携を取って場所を決めたとは言いつつ、
やはり計画とは違う動きをしていたため、
住民が戸惑うのも理解はできます。

ただ、赤ちゃんを抱っこしてきた女性に対して、
暴言が放たれたときに、スイッチが入りました。

我々の目的は、求める人に物資を渡すこと。
エリアは関係ない。
物資は大量に持ってきたし、
もし足りなければ、また持ってくることができる。
ここでの目的は、物資を求めてここを訪れた人に、
適切な量の物資を持って帰ってもらうこと。

「交渉のテーブルを降りる」と思い出しました。

最初は根気よく『充分に物資はありますから、仲良く分けてください』
とコミュニケーションを取り続けていましたが、
しまいには先方が「あなたたちのやり方が悪い」と言い始めたため、
『わかりました。全て持ち帰ります。お騒がせしました。』
と、交渉のテーブルを降りたのです。

すると、どうなったか。

当然「それは困る。仲良く分けます。」となりました。
結果として、我々の目的である
求める人に、適切な量の物資を渡すこと、
が実現できることとなりました。

変に言い争いになり、
話がこじれそうになったら、
まずは交渉のテーブルから降りてみる。

これを実践すると、結果として両者がハッピーになることは
充分にあり得ます。

今回もお読みいただき、ありがとうございます。

サイン

追伸:

あなたはどちらのタイプになりたいですか?

先日お知らせした新しいビデオ講座の案内はご覧になりましたか?

自分が働きたいスタイルで、
お客様からの感謝を集める方法。

ここでお伝えする“ある方法”を実践するために、
人を雇ったりする必要はありません。
自分が働きたいスタイルで、人から感謝されて、
そして売上も伸ばしていこうということについて、
3つのポイントをお伝えするものです。

60分間の無料ビデオ講座。

弁護士に特化した内容になっていますが、
私の価値観に触れてくださっているあなたなら、
そのエッセンスを掴み、
ご自身のビジネスに(それが例え士業でなくても)、
応用して活かすことができるはずです。

今年のビジネスの飛躍のために、
時間を投資しませんか??
ご覧になってみてください。
↓ ↓ ↓
今すぐビデオ講座(無料)の詳細をみてみる

* * *

今日の記事はいかがでしたか?

多くのご感想をいただき、ありがとうございます!
お言葉、励みになります。
より役に立てる記事にしていきます。

下記から、感想を送ってください。
↓ ↓ ↓
感想を今すぐ送る
*鮮度が高いうちに、今すぐご入力いただけましたら幸いです。
*質問項目を減らして簡単にお答えいただけるようにしました。

 

ネット集客を諦めていませんか?

チェックリストのイメージ

集客できるサイトにするための第一歩は自己診断から。今すぐできるチェックリストを無料公開中。 お金かけて作った自社サイトになぜ集客できないか、その理由を把握することから始めませんか?

詳しくはこちら »

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)