売上げUP・シェア拡大をしたい

批判する“奴”との向き合い方

From:海東和貴
自宅近くに新しくできたカフェより

ビジネスをしていて、
批判を浴びたことはありませんか??

悪評、悪い噂、批判、批評、本意が理解されない感想。
聞けば心が痛むこともありますし、凹むこともあります。

ユダヤ人の格言に、こういったものがあります。
日本語訳なので正確な伝承ではないかもしれませんが、
エッセンスは外していないはずです。

世の中には
あなたが何をやっても
・10人の内、7人は興味を持たず
・10人の内、1人は怒り
・10人の内、2人が喜ぶ

というものです。
世界に大きな影響を与えている民族に、
こういう格言があるということは、
ある種、世界の本質に近いのかもしれません。

別の見方もできます。
世界には、色々な“バランス”があります。

パレートの法則(80:20)
ハインリッヒの法則(1:29:300)
黄金比(1:1.618)

それぞれの説明は省略しますが、
要は「100%が同質である」ということは
ほとんどの場合にはあり得ないということ。

一定数のAという意見があれば、
それに準じて一定数のBという意見がある、
ということです。

つまり。

批判されるということは、
一定数の「あなたに好意的な視点を向けている人」がいます。

ネットで、家電製品のクチコミなどを探してみるとします。
例えば、掃除機。
・吸い込みが悪い
・音がうるさい
・臭いが気になる
など、ネガティブな意見が表に出やすいです。
理由は、
・普通に吸い込む
・音が気にならない
・臭いが気にならない
など、「普通に満足している」人は、そのことが「当たり前」のため
声をあげない場合が多いからです。
自然、ネガティブな意見の方が声が大きくなりがちです。

あなたに対して批判的な意見を聞いたとき、
その裏には声をあげないけれどあなたに対して好意的な、
むしろあなたの大ファンが一定数存在している、
と思える機会としてみてはいかがでしょう。

あなたがサービス提供に際して意識すべきことは、
あなたが何をやっても
・10人の内、7人は興味を持たず
・10人の内、1人は怒り
・10人の内、2人が喜ぶ ←【ココ】
の人たちです。

1人の人が怒っても、
2人の人を喜ばせ続ければ、
あなたのビジネスは多くのファンに囲まれる「ブランド」になります。

サイン

 

今日の記事はいかがでしたか?

多くのご感想をいただき、ありがとうございます!
お言葉、励みになります。
より役に立てる記事にしていきます。

下記から、感想を送ってください。
↓ ↓ ↓
感想を今すぐ送る
*鮮度が高いうちに、今すぐご入力いただけましたら幸いです。
*質問項目を減らして簡単にお答えいただけるようにしました。

 


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)