生産性を上げたい

気が進まないことを、片づける方法。(PTAの話から)

From:海東和貴
丸の内のオフィスより

気が進まないことを、片づける方法。

私は、子どもの通う学校で、PTAの代表をしています。
そして、区立学校を束ねるPTA連合会においても、
連合会長を務めています。

役職の自慢がしたいのではなくて
何が言いたいのかと言えば、
保護者主体の団体において、執行部を担っているという事実を
まずは前提事項としてお伝えしたいのです。

その上で。

執行部の役目のひとつに、会を存続させるということがあります。
会を存続させるためには、存在価値の向上に加えて、
非アクティブな会員に向けての働きかけが重要です。

PTAはそのネガティブなイメージの反面、
実際に役員などで活躍した人の「満足度」は
総じて高いという特徴が挙げられます。

要は「とても面倒くさい」と思いながら始めて、
1年やってみると「やってよかった。面白かった」
という感想を持つ方が非常に多いのです。

例え話をするなら、ディズニーランドに行くために、
家の玄関から外に出るのは面倒くださいけど、
いざ、その面倒くささを乗り越えて玄関から出て、
最寄り駅まで歩いた頃には気持ちはわくわくしている、
というようなイメージです。

* * *

仕事でも同じ面があるのではないでしょうか。

始めるのが面倒くさい、やる気が起きない、
というタスク。

実はそれ、当たり前といえば当たり前のことなんです。
この世界には慣性の法則がありますから、
「何かを始める前」というのは、
「何かを始める前の状態を続けたい」という慣性が働きます。

何かを始める前に、自分に対して
「いま、これやりたい?」
と問うたところで、「やりたくない」が勝つに決まっています。
なんといっても、慣性の法則が働きますから。

じゃあ、どうすれば良いのか。

「3分後の自分に訊こう」と自分に伝えるのです。

慣性の法則が働いているので、
今の自分に訊いたところで、答えは決まっている。
じゃあ、まずは始めてみて、3分後の自分に問うてみよう、
「このまま続ける?やめる?」と。

恐らく、ほとんどの場合、
始めたあとには、始めたあとの慣性が働いているので、
「始めたし、続けるか」
と答えてくるはずです。自分の内面が。

玄関を出るのは、面倒くさい。
でも、いざ出てしまえば、世界は広く楽しい。

あまり気が乗らないタスクも、きっと同じです。
まずは何も考えず、何も自分に問わず、
「3分後の自分に訊いてみよう」
と決めて、タスク対応に取りかかってしまうと良いですよ、
という提案でした。

NS-080102_edited
追伸:

■ニュースレター、読みませんか?

下記のようなニュースレターを、
弊社お客様向けに毎月、送付しています。

20160831

上記を「1ページ」として、合計4ページの内容です。
私がクライアントに伝えたい内容を、月に一度まとめて、送付しています。
もちろん、無料です。
郵送費も含めて、費用はいただきません。

ご希望の方は、
下記からニュースレター送付先の住所をご入力ください。
次号より毎月、お届けします。

ニュースレターを依頼する


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)