生産性を上げたい

社長室がないとマズい理由 その2

From:海東和貴
子どもたちの夏休みの初日。
賑やかな自宅の書斎より。

前回、社長室がないとマズい理由について、
記事をお読みいただきました。

前回は「第三領域」の重要性について書きましたが、
今回は、もうちょっとわかりやすい話を。

私がクライアントに勧めている、
従業員の前ではなかなかし難い、あれの話です。

そう。昼寝です。

例えば、お腹。
右の脇腹の部分の、右手で力強くつねってみたとしましょう。
痛みがあるくらい。
この状態、最初は痛みを感じつづけますが、
1分間つねり続けた場合、痛みの波は引くはずです。

痛覚が麻痺するからです。


経営者にとって、午前中という時間帯は
多くの判断や決断を求められる時間です。
また、たくさんの情報のシャワーを浴びます。
目からも、耳からも、多くの情報が入ってきます。

だいたい昼過ぎくらいに
これらに対するセンサーが麻痺し始めるんですね。

つまり、このタイミングでつねるのをやめる、
イコール、情報のインプットをやめて
麻痺状態から解放される必要があります。
そのためにぴったりなのが、昼過ぎの昼寝です。


理想は 15 分以内。
心臓より高い位置に頭をおける姿勢で眠ります。
要は、寝っ転がらないで眠るということ。

このとき、15 分という時間は最大値です。
短ければ短いほど、良いです。
脳が「あ、俺は眠った」と錯覚するレベルの睡眠で大丈夫。

これで、昼過ぎからのパフォーマンスが劇的に上がります。


社長室があれば、
色々なものを遮断して、この昼寝に望むことができます。


社長室がないとマズい理由
その2

それは、適切な昼寝をできないから。

NS-080102_edited


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)