新製品・新事業を開発したい

何をやっても成果がでない理由

白い髭をはやした老人。
彼の手には、ひとつの種があった。

砂煙の漂う街。
人々が行き交う中、老人と男は向き合って立つ。

男は、種を受け取る。

ここから彼は、捻れた世界へ旅立つ。
人によっては“パラレルワールド”と呼ぶ、その世界へ。

* * *

自己啓発が好きで、多くの書籍を読み、
セミナーに参加する経営者というのは、一定数います。

その一定数の中で、
きちんと成果を掴み続ける人と、
全く成果がでない人、というのがいます。

ざっくりですが、
きちんと成果を掴み続ける人は、
100人中、1人です。
この1人以外、要は他の99%の人に共通することとは
一体なんなのでしょうか。

その答えを紐解くためには、
冒頭の“種”を受け取った男に動いてもらうのが
よろしいでしょう。

白い髭の老人から種を受け取った男性。
この男性の前には、3つの道があります。

種を受け取ったとき、

・「ああ、これはかぼちゃの種だね。知ってるや。」
と、ぽいって後ろに投げ捨てる。(A)

・「ああ、これはかぼちゃの種だね。食べられるんだよね。」
と、美味しく食べる。(B)

・「ああ、これはかぼちゃの種に似ているな。育てたら何かが実るね。」
と、土に植えて毎日、水をやって、育てる。(C)

世の中、(A)の行動をする人が90%。
(B)の行動をする人が9%。
(C)の行動をする人が1%です。

体感値です。

どんなに良い本に出会っても、
良い人の話を聞いても、
(A)(B)の対応をしていると、
自分の人生には全く作用しません。

チャンスを掴んで成功する人は、
チャンスを捕まえ、
それを育てた人のことだと考えます。

あなたのスタッフ、
そして、あなた自身に置き換えたとき、
何かが上手くいっていないとしたら、その
理由が「捉え方」にあったりしませんか??

実は、冒頭で「パラレルワールド」と書いたのには、
意図があります。

本物の種は、食べてしまったらそこまで。

でも、あなたの前にある「何か」は、
過去に遡って、捉え方を変えられるはずなんです。
(A)の道に行っていたとしても、
平行移動して、(C)に行けるはずなんです。
ほとんどの場合。

上手くいっていない領域があったとしたら、
そもそもその原点での「捉え方」に
何かしらの課題がなかったか、
改めて考えてみるのはいかがでしょう。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)