売上げUP・シェア拡大をしたい

価格を10倍にする方法は?

会場はざわつきました。
丸の内に位置するセミナー会場。
聴き手と話し手の程よい熱気に包まれ、
暖房が少し暑すぎるようにも感じるその部屋。

講師である私から投げかけられた、
とある質問に対して、席からざわめきが起きました。

「今、あなたのサービスの価格を10倍にするとしたら
どんな付加価値をつけることができますか?」

この質問をした意図は今回の主題とずれるので触れませんが、
この記事を読んでくれているのあなたに
考えてほしいことがあります。

* * *

ここ数回に渡って、
価格戦略について記事を書きました。

価格戦略の目的は、ひとつ。

○○を□□すること。

○○には「利益」が。
□□には「確定」が入ります。

価格戦略の目的は、
利益を確定することです。


さて、利益を確定するために
実際に価格を10倍にしたサービス、
誕生させたとしましょう。

それを誰に売り込むか、
ということを考えるのが今回の記事の目的です。


ここで考えると良い切り口。
それは、あなたが好きな飲食店です。


美味しそうな和食屋さん。
最初に訪れたのは、ランチ営業のときでした。

定食、1,000円。
本物の出汁、炊きたての国産米。
美味しい刺身。おろしたての生わさび。

あなたは大満足します。

夜にも来てみようと思い、
翌週の夜、仲間と2人で食事に立ち寄ります。
お酒に食事に全てが美味しく、
価格はひとりおよそ5,000円。


何度か足を運ぶ打ちに、
「これは、接待にも使えるかもしれない」
と、得意先を呼んで宴会を催します。

月に1回、あなたはその店で宴会を開き、
その店にとって、あなたは重要顧客のひとりになりました。


ある日、その店の女将から葉書が届きます。


「期間限定で選りすぐりの素材を使い、
コース料理をお出しします。
費用は 50,000 円 です。
大切な方といらっしゃいませんか?」

といった内容が、手書きの文字で
丁寧に書き綴られています。


「わ、いつもの10倍の値段だ。」

さて、そのあとにあなたはどう思うか。
ここです。

きっと、ほとんどの場合、
「でも、あの店なら間違いない。
きっと美味しいものを出すに違いない。」
と、店に予約を入れるのではないかな、
と思うのです。


何が言いたいか。

仮にこの女将が、店の前に立ち、
自ら 50,000 円のコースの案内チラシを
道行く人に配ったところで
「5万!頭おかしいんじゃないか!」
となるはずなんです。
新規顧客や、来店歴の浅い顧客には
この案内は出しても成約率が低いはず。

この葉書は、上得意先のあなたにだからこそ、
出したわけです。


つまり、あなたが考えること。
価格を 10 倍 にした自社サービスを誕生させたら、
それを売る先は「上得意先である必要がある」
ということです。


上位 20 パーセントの上位顧客に向けて、
高額な、高付加価値商品を提供することが、
値上げにおける価格戦略の肝になります。


そのために必要なこと。


それは、まず
各顧客の総売上額の記載された
顧客名簿をつくる、ということです。


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)