事業基盤を強化・再編したい

ぶっ壊しチェック

その事務所は、洗練されていました。

モダンなデスク。
スタッフの椅子にもこだわりがみられ。
光が溢れる空間。
壁には落ち着いたデザインのポスターや絵画。
そして、空間に合わせて設計した本棚。

社長室も、同じでした。
壁一面の本棚。
雑誌のバックナンバーも並びます。

私は、クライアントである社長に訊きました。


お、この雑誌の定期購読しているんですね。
最近、面白い記事はありましたか?


すると、その社長は答えました。

「いや、過去のが溜まっちゃって、
全く読んでないんだよね。」


私は質問します。

「デザインとして、飾ることが目的?」
「飾りよりも、本当は読みたい?」

答えは、後者でした。


私は、アドバイスします。

「過去のもの、全部、捨てちゃったらどうですか?」


その社長は「えっ」と驚きました。

私は続けました。
「別に即断しなくて良いですよ。考えておいてください。」


1週間後、その社長から連絡を受けました。

「バックナンバー、全部、捨てました。」

私『最新号、面白い記事ありました?』

「ありましたよー。こんな特集がありまして・・・」


思惑は、正解でした。

「溜まっていることが原因」で「今」を読めないなら、
過去は捨ててしまった方が良い。
私はそう判断しました。

捨てた情報でも、
その人にとっていつか必要になったとき、
それらは別の形で、
きっとその人の前に現れます。


非常にシンプルな例ですが、
実はこういったことは日常に溢れています。


日記が続かない。
しばらく書いてない日があるから、面倒ください。

「書いてない日のことは忘れて、今日から書き始めて?
今後も、空いちゃった日は後から書かなくて良いから。」

これで、日記は続きやすくなります。


ダイエット。
毎日10分のウォーキングが続かない。

「昨日やらなかったことは忘れて、今日から新鮮な気持ちで始めて?
今後も、やらない日があったことは悔やまなくて良いから、
思い立ったら、やってみて?」

これで、その人は1年後には成果を掴んでいる可能性が高いです。


小学生の頃、風邪で 3日間学校を休むと、
復帰初日に「行きづらさ」を感じた経験はありませんか??

かなり雑な表現をしますが、
人は慣性の法則の中にいます。

過去の自分の行動に引きずられているのです。

引きずられるのも選択肢ですが、
望む未来が別の方向にあるなら、
果敢に過去は捨て去っても良いと私はアドバイスします。


本は最初のページから読まなくて良いし、
年賀状は「あ行」から書かなくて良いし、
受信ボックスにあるメルマガのタイトルをみて
「読みたい!」と思えば
前の日のものを読んでなくたってその日の分を読めばいい。


時に、連続性を意図的に壊し、
慣性の法則から離脱しよう。

- 海東

 

【残り5日です。】

3ヶ月後のキャッシュフローが
心配で眠れない日がある?
ナンバー1になるための攻略本、
手に入れませんか?

http://saved.strikingly.com/
*1/12(火)までのお申し込みで、
特別価格 3,000 円です。
以降は、定価 5,000 円になります。


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)