財務体質を強化したい

月の最初の“アレ”


From:海東和貴
丸の内のオフィスより

年末には、自然と“新年”のことに思いを馳せます。
日本人は特に“年の区切り”を意識しがち。

一方、経営者として“年の区切り”と同じくらい大切にして欲しいのは、
“月の区切り”です。

新しい月を迎えて、
3時間を取って私がやっていることがあります。

手帳上には「月次対応」と予定している時間です。


月次対応での中で最初に行っているのが、
前月の数字の確認。
字で書くとさも当たり前のように見えますが、
特に重要視しているのは
プロジェクトごとの“粗利”の管理、
行ったキャンペーンのCVR(Conversion Rate:成約率)の管理、
常設LP(Landing Page)のA/Bテストの管理
です。

特定の数字を“定点観測”することで明らかになることは多々あります。
また、その定点観測をするのに月に1回の対応はちょうど良い、と言えます。

中でも、粗利の管理は重要。
売上としてはきちんと立っているプロジェクトでも、
経費をどんぶり勘定で考えていると、
結果として粗利がマイナスになっていることもあり得ます。

これらを管理するために、月に1度チェックする時間を取るわけです。


月次対応の中では、“過去”の数字の振り返りのみを行うわけではありません。
“未来”に向けた布石も打ちます。

やってみて「やはりこれは良い」と思うものは
「翌々月の販促計画を立てること」です。

翌々月に行うオファーを考え、
そのためのキャンペーンを考え、
そのための媒体をどう用意するかを考えるのです。

例えば、ダイレクトメールとして郵送する場合や、
月刊の郵送ニュースレターに同封することを考えたとき、
しっかり1ヶ月の期間をかけて準備することができます。

過去を見返し、未来を計画するために、
定期的に時間を取るとしたら、
あなたはいつ、どのタイミングで予定を組みますか??

- 海東

ネット集客を諦めていませんか?

チェックリストのイメージ

集客できるサイトにするための第一歩は自己診断から。今すぐできるチェックリストを無料公開中。 お金かけて作った自社サイトになぜ集客できないか、その理由を把握することから始めませんか?

詳しくはこちら »

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)