新製品・新事業を開発したい

同業者からの熱い視線



From:ペンシロー
マクドナルドでグラコロを食べながら

こんにちは、海東です。
じゃねーよ、ペンシローだよ。

後輩ペンギンがやってきて
「同業者から目をつけられている」と
深刻そうな顔でため息をついた。

同業者から目をつけられるのは悪いことじゃない。
その業界で目立ってきたってことだからな。
問題はその後、どうするかってことだ。

後輩ペンギンは
「目を付けられないように、仕事したい」と言ってきた。

その気持ちも分からなくはないが、
あまりポジティブな考えじゃないのは確かだな。

本来考えるべきことは
顧客をいかに喜ばせるか、ということで
同業者の目線ではない。
優先順位としては

顧客への価値提供 > 同業の目を恐れる

こうあるべきだな。

例えば、
「必ずうまく行く飲食店」があったとする。
便利な場所にあり、内装もお洒落で
身体に良い食材を使っている上にボリューミーで美味しくて安い。
しかも回転率が良く、やたら儲かる。

そんな店があったら、まぁ業界から目をつけられるかもしれない。
だが原点に立ち返れば、
「顧客を喜ばせたもの勝ち」なんだ。

同業者に目を付けられた時、
まず考えることは、
そのサービスや製品が本当に顧客を喜ばせることができるかどうかだ。

答えが「YES」なら迷わずすすめ。

顧客への価値提供 > 同業の目を恐れる

この天秤をしっかり持っておけば
新しい可能性が開けるかもしれないぜ。

<(- 彡 )з三 ペンシロー

ネット集客を諦めていませんか?

チェックリストのイメージ

集客できるサイトにするための第一歩は自己診断から。今すぐできるチェックリストを無料公開中。 お金かけて作った自社サイトになぜ集客できないか、その理由を把握することから始めませんか?

詳しくはこちら »

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)