売上げUP・シェア拡大をしたい

画期的な自己紹介


From:海東和貴
丸の内のオフィスより

昨年リリースしたサービスの中、
【ザ・プロフェッショナル】® ネット集客加速グループコンサルティング
というものがあります。

6ヶ月の講座を受ける中で、
自社のウェブ戦略の骨組みと具体策が出来上がり、
最終的に ウェブ戦略の全体像と
自社ホームページの設計書が出来上がるという講座です。


講座内のテーマのひとつに、「画期的な自己紹介」があります。


あなたが誰かのホームページなどで
代表者挨拶などのページに目を留めたとき、
「つまらなそう」「普通」と、そこに書かれている文言を読み飛ばして、
顔写真だけ見てすぐに別のページに移動した経験ってあると思うんです。

一方、「面白い!」と思い、
一言一句をしっかり読んだページもあったはず。


そこには、ありふれた“つまらない”自己紹介ページをつくるのではなく、
「ああ」や「へえ」と読み飛ばされない、
読み手が「!」となる要素を意図してつくる必要があります。

実際の講座では、5ページに渡るワークに取り組んでいただくのですが、
このメッセージではその一部をお伝えします。


伊坂幸太郎さんの作品『モダンタイムス』に、下記のような台詞が出てきます。

* * *

人生は要約できねえんだよ。

人ってのは毎日毎日、必死に生きてるわけだ。
つまらない仕事をしたり、誰かと言い合いしたり。
そういう取るに足りない出来事の積み重ねで、
生活が、人生が、出来上がってる。だろ。

ただな、もし
そいつの一生を要約するとしたら、
そういった日々の変わらない日常は省かれる。

結婚だとか離婚だとか、出産だとか転職だとか、
そういったトピックは残るにしても、
日々の生活は削られる。

地味で、くだらないからだ。

でもって
「だれそれ氏はこれこれこういう人生を送った」
なんて要約される。

でもな、本当にそいつにとって大事なのは、
要約して消えた日々の出来事だよ。

それこそが人生ってわけだ。

* * *

プロフィールページに記載される「経歴」には、
掲載することに一定の効果は見込めるます。
ただ、読み手が「!」となることを意図する場合には、

あなたの人生の“行間”こそが大事、と私は思っています。

医院のホームページ。医者が白衣を着て診察室で微笑んでいる写真は、
“信頼感”や“顔が見える安心感”という意味では確かに効果があります。

でも、そこに例えば、学生時代の野球部での活動の写真だったり、
家族や子どもとの穏やかな日常のシーン、
故郷の写真などが掲載されていれば、
一部の人からは「自己満足的」と言われるかもしれませんが、

よっぽど読み手の「!」に繋がりやすいはずです。


カリスマ性という言葉があります。

これは持論ですが、カリスマ性とは
“磁力”のようなものだと思っています。

あなた自身が強烈にN極に振れれば、
S極の人はたくさん集まってきます。

一方、同じN極の人は反発して離れていきます。
確かに一部の人が離れていってしまうのは怖いですが、
それよりももっと怖いのは、自分自身に何の磁力もないことです。


強力な磁力を持つあなた自身を力強く発信するために、
画期的な自己紹介、プロフィールページをつくってみませんか?

 - 海東


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)