生産性を上げたい

それは「第二」とは言わない


From:海東和貴
丸の内のスターバックスコーヒーより

スティーブン・R・コヴィーさんの著作である『7つの習慣』で、
「第二領域」についての記載があります。
タスクにおける『“緊急でない”けれど“重要である”』領域を示しています。

* * *

私はこの領域のことを「第三領域」と言っていて、
口頭でも発信するメッセージでも、
“緊急でない”けれど“重要である”領域のことを第三領域と表現しています。
なんとなく、二より三の方がしっくり来るのでそのように表現しています。
これを読んでくださっているあなたも、
私が「第三領域」と言った場合には、
(ああ、“緊急でない”けれど“重要である”領域のことを言ってるんだな)
と読み解いていただけますと幸いです。

* * *

さて、本題。

あなたもビジネスの舵取りをしているからには、
“緊急でない”けれど“重要である”領域のタスクを抱えているはずです。

就業規則や給与規定のブラッシュアップ、
(今は紹介に頼っているからそんなに緊急ではないけれど、
ゆくゆくのために)ホームページのテコ入れ、
社員教育のためのプログラムづくり(または外注先の選定)、
オフィス移転、顧客サポート体制の構築、
などです。

もちろん、事業やその人のステージによって違いはありますが、
ひとつの例として捉えていただけましたら。


さて、これらのことを「いつ」進めるのか、ということなんです。


多くの人は、この質問に対してこのように答えます。

いつか、仕事が一段落したら。いつか、時間ができたら。

つまり、英語に直すと、
Someday, if I can spare time.
となります。


Someday、いつか。


ご縁のある経営者からこんな表現を聞きました。
一週間の間(Sunday / Monday / Tuesday / 
Wednesday / Thursday / Friday / Saturday)に
Someday はない、ということ。

一週間の間に Someday がないということは、
いつまで経っても Someday は訪れないということです。


じゃあ、どうするのか。


Someday を自ら意図してつくる必要があります。

私がお勧めしているのは、
“毎日”時間をとって第三領域を粛々と進めるという方法です。

私の場合、50分毎に10分の休憩を取る 50分1セット法 で仕事をしていますので、
1日最低1コマ(50分)、
理想は2コマ(100分)を、第三領域のための時間に充てるよう意図しています。


以前にも、似たような切り口で書いたことがある内容ですが、
改めて Someday の表現に因んだ切り口で書いてみました。

あなたが毎日、50分だけでも、
第三領域のことを前に進める予定組みをしたとしたら、
どのような未来が見えますか??

 - 海東


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)