事業基盤を強化・再編したい

幽霊と扇風機


From:ペンシロー
特設お化け屋敷の前より

こんにちは、海東です。
じゃねーよ、ペンシローだよ。

すっかり夏だな。
読者諸兄も夏を満喫している事と思う。

夏といえば…
海、花火、スイカ、お祭り、なんていうのが定番だろうが
忘れちゃいけないのが怪談だな。

後輩ペンギンの中にも怪談好きがいて
怖がりなくせに聞きたがる。
怪談を聞いて、ゾッとして暑い夏を涼しく過ごすんだそうだ。

しかしよく考えてみてくれ
怪談は冷房でも扇風機でもない。
どんなに怖い怪談を聞いたって、
部屋の温度が下がるわけじゃない。

なんで怪談を聞いて涼しくなるのかって言ったら
そこに幽霊がいるような気がしてゾッとするからだ。
全ては想像力だ。
想像力で涼しくなっちまうんだな。

実際、人間の想像力って言うのはすごいものらしい。

海東に聞いたんだが
「エミール・クーエの法則」というものがあるそうだ。
フランスの「自己暗示法の創始者」が発見した法則だ。

法則1:意思と想像力が争えば必ず想像力が勝つ 。
法則2:想像力は意志の力の二乗に比例する。
法則3:意思と想像力が一致すればその力は和(+)ではなく積(×)である。
法則4:想像力は誘導が可能である。

エミール・クーエは、薬剤師をした頃に、この法則に気付いた。
意思をもって何かをしようとしても、
想像力がネガティブな方向に働くと、意思力よりも、
圧倒的に想像力の方が強く働く、ということだ。

しかし逆に想像力を全開にしたときのことを考えてみてくれ。
意思と想像力を一致させて掛け算を引き起こせば、
人生を大きく変える可能性だってあるわけだ。

そのために必要なもの、それは
“圧倒的な現実感”だ。

たとえば、昔こう言ってきた後輩ペンギンがいた。
歌って踊れるアイドルになりたい。

オレは言った。
目を閉じて想像しろ
ヒラヒラしたアイドルの服を着て、
ファンの前で歌って踊っている自分を。
たくさんのファンが、
お前のためにサイリウムを振っているところを。

後輩ペンギンは目をつぶってニヤニヤしていた。

ここで大事なことは、自分の視線がどこにあるか、ということだ。

観客側のカメラ(つまり、歌っている自分を俯瞰しているカメラ)だったか、
自分の眼の中のカメラ(自分の視点で観客を見渡しているカメラ)だったか。

当然、後者の方が圧倒的な現実感だ。
その場にいる自分を
まざまざと体験できているか、どうか。
それが大切だ。

読者諸兄の中にも
もっと売上伸ばせるはずなのに・・・。
もっとたくさんのお客様に買ってもらえるはずなのに・・・。
もっと高く売れるはずなのに・・・。
と思っている人がいるかもしれない。

そんな人は想像してみてくれ。

利益を3倍にしたいなら、
そうなった時の様子を。
圧倒的な現実感を持って想像してみてほしい。

想像力のすごさに驚くことになると思うぜ。

<(- 彡 )з三 ペンシロー


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)