事業基盤を強化・再編したい

金を払えば偉いのか


From:ペンシロー
朝マックを食べながら

こんにちは、海東です。
じゃねーよ、ペンシローだよ。

オレは常々疑問に思っていることがある。
“金を払っている方が偉い”のだろうか?

オレはこの疑問を海東にぶつけてみた。
海東は「ビジネスは、基本的には“等価交換”です」と言っていたな。
ある納品条件に納得し、“その金額なら良し”と顧客が判断したときに、
取引の約束が成立し、等価交換が行われる、というわけだ。
等価交換である以上、立場は対等だ。

その意見には賛成だ。
取引に対して、双方違和感を感じるところがあれば
意見を言うなり、苦言を呈するなりすればいいわけだからな。

お客様は神様です、なんて言葉もあるが
「お客様は神様でしょ?」なんて、自分から言うヤツは
大抵がクレーマーだからな。

この「お客様は神様」と言う有名なフレーズ、
三波春夫という歌手が生み出したらしいが
本来の意味合いはちょっと違ったそうだ。

「歌う時に私は、あたかも神前で祈るときのように、
雑念を払って、心をまっさらにしなければ
完璧な芸をお見せすることはできないのです。
ですから、お客様を神様とみて、歌を唄うのです。
また、演者にとってお客様を歓ばせるということは絶対条件です。
だからお客様は絶対者、神様なのです。」

つまり、お客様を喜ばせることが
ビジネスの根底的価値だということだな。
だから「お客様は神様」だという言葉が生まれたんだ。

決して、「お金を払っている側が何でもして良い」
という意味ではなない。

この本来の意味である「お客様は神様」という立ち位置に立った時
読者諸兄の商品やサービスは、神様を満足させることが
できているだろうか。
もっと喜ばせることができるのに、
それを出し惜しみしてはいないだろうか。

その点をじっくり考える時間を取ってみるのもいいかもしれないな。
 
<(- 彡 )з三 ペンシロー


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)