人材を強化したい

おっきな石


From:みう
図書館の近くのカフェより

こんにちは、みうです。

ちょっと前なんだけど、
海東さんからいい話を聞いたから
あなたにも教えたいなー、と思いました!
出典がどこかにあるらしいんだけど、
忘れちゃったんですって。
そういうこともあるんてすね。

でもいい話である事に違いはないから
惜しみなくシェアしちゃいます!

* * *

「さあ、クイズの時間だ。」 

教授はそう言って大きな壺を取り出し、台に置いた。 
その大きな壺に、教授は石をひとつひとつ詰め始めた。
壺が一杯になるまで石を詰めてから、教授は学生に聞いた。
 
「この壺は満杯か?」

学生たちは「はい」と答えた。 

「本当に?」

そう言いながら教授は、
台の下からバケツいっぱいの砂利を取り出した。 
そして砂利を壺の中に流し込み、
壺を振りながら、石と石の間を砂利で埋めていった。
そしてもう一度聞いた。

「この壺は満杯か?」

学生たちは答えられなかった。
 
ひとりの生徒がおずおずと手を挙げ
「多分違うと思います」と答えた。
 
教授は「そうだ」と笑い、
今度は台の下からバケツいっぱいの砂を取り出した。 
それを石と砂利の隙間に流し込んだ後、3度目の質問を投げかけた。 

「この壺はこれで一杯になったのか?」

学生たちは「いいえ」と答えた。 
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと水を注いだ。
教授は、学生たちに向けて更に質問を投げかけた。 

「私が何を言おうとしていると思う?」

ひとりの学生が手を挙げた。 
「どんなにスケジュールが詰まっているときでも、
 最大限の努力をすれば、もっと予定を詰め込む事は可能で、
 行動量を増やすことができる、いうことですか?」 

「違う。」と教授は答えた。

「重要なポイントはそこではないんだよ。
 この例が私たちに示唆していること。それは、
 大きな石を先に入れない限り、それらが入る余地は、
 その後には二度とないということだ。
 君たちの人生にとって”大きな石”とは何だろう」

教授は続けた。
 
「君たちにとって“大きな石”とは、仕事であったり、志であったり、
 愛する人であったり、家庭であったり、自分の夢であったり。
 そういうものだ。ここで言う“大きな石”とは、
 君たちにとって一番大事なものなんだ。
 それを最初に壺の中に入れなさい。 
 さもないと、君たちはそれらを永遠に失うことになる。
 もし君たちが小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから
 自分の壺を満たしたとすれば、
 君達の人生は“重要でない何か”に満たされたものになってしまう。」 
 そして“大きな石”、つまりは自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、
 その結果それ自体を失ってしまうことになるんだ。

* * *

私に取って「大きな石」ってなんだろう…って
改めて考えちゃいましたよ。

皆さんにとっての「大きな石」ってなんですか?
答えられない人は、しっかり考えた方がいいですよ!
未来がきっと変わってくると思いますから。

では(ドロン)

- みう


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)