売上げUP・シェア拡大をしたい

利益を14%増しにする方法


From:海東和貴
ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルのラウンジより

経営者と決算書の関係。
経営者にとって「決算書を読める」というのは
全く必須スキルではないと思っています。

決算書は、「会社のお金の流れを把握して適切な経営判断をする」ための
ツールのひとつであって、「それを読める」ことが必須ではない、
と捉えた方が良いと思っています。


お金の流れを正確に把握すると、どんな良いことがあるか。


ひとつに会社の「利益を増やすための方法」が、
わかりやすくなります。

例えば会社の「粗利率」を2%引き上げると、
会社に残る利益は、何パーセント増えるのか?
ということが見えやすくなります。

会社の「粗利率」を2%引き上げると、
会社に残る利益は、何パーセント増えるのか?
についてぱぱっと考えると「2%!」と導き出してしまいがちですが、
実際はもっと多いです。


一例として、粗利率 80%、労働分配率 50%の
デザイン事務所を取り上げてみます。

計算しやすいように、数字をシンプルにします。
200万円の契約を、年間に50件、
コンスタントに成約させている会社とします。

年間売上、1億円。
粗利率が80%ですので、粗利益は8,000万円です。
労働分配率が50%なので、人件費は4,000万円。
その他と合わせて、固定費は6,500万円。
(計算しやすいように、シンプルな数字にしています。)

よって、会社に残る利益は、1,500万円です。

粗利率を2%引き上げて82%にすると、
1億円の売上に対して、粗利益が8,200万円になります。
外注費は下がりますが、固定費は変わりません。
よって、本業から得る利益は1,700万円。
先の1,500万円に対して、14%増しです。

粗利率を2%引き上げて、利益は14%増し。


もちろん、粗利率を引き上げることによって、
残業などが増え、固定費が上がることも考えられますのが、
お金の流れを正確に把握すると、
売上目標や、会社利益の把握がわかりやすくになります。

そして、もっとシンプルに予算計画を立てられるようになります。

 - 海東


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)