売上げUP・シェア拡大をしたい

強化するならアソコだ

From:ペンシロー
ミルクレープが美味しいコーヒーショップより

こんにちは、海東です。
じゃねーよ、ペンシローだよ。

最近、後輩ペンギンが飲食店のスタンプラリーにはまっている。
決まったところに行って食事をすると、
スタンプを押してもらえるアレだな。

なんでそのものにはまっているのか聞いてみたが
どうも最初はそんなものを集める気は全くなかったらしい。

だが、偶然にもスタンプラリーに参加している店に
何軒か行き、たまたまスタンプをもらったら
他のマスもスタンプで埋めたくなったそうだ。

最初に一箇所しか押されていなかった時は
どうでも良いと思っていたことが、
空いているところが少なくなってくると
コンプリートしたくなるんだな。

その気持ちは俺にもよく分かる。
穴が5つあったとして
そのうち1つにしかメダルが入っていなかった場合
「5つ埋めたい!」と思う気持ちはそんなに強くない。

だが、5つの穴のうち4つが埋っていたら
あと1つを埋めたくなるよな。
コンプリートしたくなるんだ。

テストをより満点に近づけたい、そんな感じだな。

だが、ビジネスという視点から考えると
むしろ逆の発想が良いようだ。

ビジネスのあらゆる要素について、
自社に10点満点の得点がついていたと考えてみてくれ。
例えば、

集客力:6点
商品力:8点
提案力:2点

だったとする。

このとき、これらの要素は掛け算だ。

つまり、
6 × 8 × 2 = 96 点


このとき「満点に近いものを、満点に近づける」発想だと、
商品力8点を、満点に近づけようとする。

「8」を頑張って「9」にしたとして、

6 × 9 × 2 = 108 点

先ほどの総合判定から「12」も点数が伸びている。
素晴らしいことだな。

一方「逆の発想」からすると、提案力2点の方を成長させるわけだ。
「2」を頑張って「3」にしたとすると…

6 × 8 × 3 = 144 点

当初の総合判定「96」から、「48」も点数が伸びた。
数字が小さいところを引き上げると、
全体の積算が大きく伸びる。

しかも小さい数字の方が上げやすい。

テスト勉強を思い出してみてくれ。
80点を90点にするのは大変だが
30点を40点にするのはそれよりも楽だろう?

これは海東が言ってたんだが、
このテスト勉強を歴史の勉強に例えると、
100点満点で80点だったものを、90点にするのは大変だ。
教科書の細かい部分を読み込み、歴史事実や解釈、人物の生き様など、
知識をブラッシュアップしなくてはならないからだ。

一方、100点満点で20点だったものを30点にするのは、
そこまで大変ではない。
歴史の年表を覚え直すくらいで充分だ。

そして「80点を90点にしよう!」という熱量の努力で、
20点だった課目の勉強に取り組んだとすれば、
30点どころでか、40点くらいにはアップするはずだ。

つまり
商品力:8点 ⇒ 9点
にする努力と同じ熱量を持って、
提案力:2点のアップを試みれば
4点くらいにはなる、ということだ。

ここが4点になった場合の計算は

6 × 8 × 4 = 192 点

当初の総合判定「96」からしたら、すごい数字じゃないか。

これを参考に「会社の一番弱いところ」について考えてみてくれ。
そこを強化することで総合判定ってやつが
すごいことになるかもしれないからな。


<(- 彡 )з三 ペンシロー


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)