事業基盤を強化・再編したい

理想と現実の間


From:みう
表参道のコーヒー専門店より

こんにちは、みうです。

最近、知り合いのベルがダンスを始めたらしいんです。
「スタイルは良いんだけど、動きがなかなか上達しない」とか
またしても自慢なんだか、悩みなんだか分からないことを言ってました。

そもそも、なんでダンスなんか始めたのか聞いてみたところ
テレビでかっこよく踊るダンサーさんを見て
楽しそう!自分にもできそう!って思ったらしいです。

まぁ何かを始めるきっかけってそんなもんだったりしますよね!
ベルのダンスを例にとれば、
かっこよく踊る姿をテレビで見る
  ↓
DVDとか動画で踊り方を見てみる
  ↓
街中のダンススタジオの看板が目に入ってくる
  ↓
ちょっとのぞいてみると、みんな楽しそうに踊ってる。
  ↓
なんとなく自分がその中に入っているようなイメージが浮かんで…
  ↓
踊れる気がして入会!

納得の流れです。
でも当たり前ですけど、
ダンス教室に入っただけではダンスを踊れるようにはなりません。

ちょっと始めてみると自分の体が思うように動かなかったり
意外と足が上がらなかったり、
あれ?なんか想像と違うな~って思うことがあるんですよね。
ちょうど今、ベルがそんな時期なんだと思います。

なかなか思うように踊れない自分を見て
現実と理想のギャップを感じちゃうんですよね。
そのうち踊るのが嫌になっちゃたりするかも。

そんなとき、どうしたら良いのか。
答えはカンタン!

自分を褒めてあげることです!

今日は昨日より高くジャンプ出来た!とか
足の上げ方が綺麗になった!とか
指までちゃんと意識して動かした!とか

自分にしか分からないような事で良いから
とにかく自分が気がついて褒めてあげることです。

これ、特にダイエットには効果的。
(昨日より100gも痩せてる!)
(何となく顎のラインがすっきりしてる!)
と小さな変化に気がついてあげることで、
習慣が続きやすくなる、って海東さんも言ってたな。

周りの人が気がつかなくたって、
自分が気がついて、褒めてあげれば良い、って。

そうやって自分を褒めることで
ちょっとづつ、
現実と理想のギャップが埋まっていきます。
それを習慣にできたら最高!

あとはその習慣を続けていくだけ。
皆さんも自分のちょっとした変化に
気づいてあげられるようにしましょうね!

では(ドロン)

- みう


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)