生産性を上げたい

“50分”

From:海東和貴
ギンザシックスのスターバックスより

私は、オフィスで仕事をしているときは、
必ずタイマーを横に置いています。
いわゆる「キッチンタイマー」ですが、
音ではなくバイブレーションでも
予定の時間が経ったことを教えてくれるタイプのものです。

これで何を計るかというと、“50分”です。
私は50分を1セットとして仕事をしています。
タイマーが50分を知らせたら、
作業の途中でもそこで一旦、区切ります。
そして10分の休憩を挟み、
また50分をセットして作業を続けます。

この時間配分の原点は、小学生の頃にあった時間割です。
算数の時間が50分あって、
休憩を挟んで、また50分の国語の授業。
これが1日に複数セット行われるわけです。

中学、高校と進むと、
この1セットの分数が50分から70分になったりしましたが、
究極的に人間が最も効果的にパフォーマンスを発揮できるのは、
50分と思っていますので、
私は今でも50分が1セットです。

私が主催するセミナーも、50分に1回、
休憩を入れるようにしています。
参加者からの休憩頻度に関する感想は「ちょうど良い」が多いです。

堀江貴文さんはご自身の著書に下記の文言があります。

* * *

仕事の速さはリズムで決まる。
大量の仕事をこなすために必要なのは
「速度」ではなく「リズム」。
「リズム」を乱す障害を取り除き、
一直線に駆け抜けることが大事。
終わらない仕事を、労働時間を増やす事で解決しようとしないことだ。

*要約:堀江貴文さん著作『多動力』より

* * *

仮にあなたがこの方法を採用しようとしたとき、
もしかしたら最初は「作業の途中でもそこで区切る」
ということに抵抗や違和感が出る場合もあるかもしれません。
でも、ちょっとだけその抵抗や違和感を横に置いて、
試してみてください。
リズムを守ることによって上がる
ご自身のパフォーマンスの良さは、3日で実感できるようになります。

リズム、50分、タイマー。
パフォーマンスをもっと上げたい人は、試してみてください。


サイン


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)