事業基盤を強化・再編したい

自信をもって1ヶ月休む法

From:海東和貴
丸の内のオフィスより

私の話。

意識していても、
ついつい出てきてしまう感情があります。

それは「休むこと」に対する罪悪感。

例えば、家族や仲間と旅行をするとします。
その間、ふと遊びに集中できずに
「ああ、あれを進めとかないといけないのにな」
という感情が渦巻いてしまったりして、
ちょっとした自己嫌悪と不安に苛まれるような感覚です。

以前、私の先生のひとりと、
屋久島を旅したことがあります。
数日間、島に籠もってトレッキングし、
美味しいものを食べ、
リゾート気分を味わったりした期間だったのですが、
その中で先生に言われたことが印象に残っています。

「今、遊んでいて、罪悪感を感じたりしてない?」
と質問されたあとに続く言葉です。

「自分の会社では
まだそこまで行っていないんだけれど、
知り合いの会社で“社員全員が年間に1ヶ月間、
必ず休む”ということを義務化しているところがあります。」
という内容。要旨としては、こういうことです。

•    ゴムは引っ張り続けると伸びてしまう。
時には引っ張るのをやめて緩めないと、切れてしまう。

•    休息し、自分の業務を俯瞰することで、
新しい着想を得る機会となる。

そして、3つめ。
これが何よりも主となるポイントです。

•    ある部署から1人が1ヶ月も抜ける状態をつくることで、
「あの人がいないとできない」という仕事が社内からなくなる。

例えば、ずっと働いている経理の女性がいたとします。
仮にAさんとしましょう。
知らず知らずのうちに社内が
「Aさんがいないと伝票が処理できない」
「Aさんがいないとあれの場所がわからない」
といった状態になってしまう、ということなんです。

これは、ビジネスにとってとても危険です。
社員が1ヶ月休む会社ではこれらを防止するために、
社内の業務が逐次チェックリスト化され
誰でも対応できるような状態になっています。

これは社長も然り。

経営者自身も、1年に1ヶ月間、
他のスタッフ同様に休みをとっています。
それが、ビジネスを更に成長させるために
必要とわかっているから。

休みを取ることは「悪いこと」ではなく、
ビジネスを成長させるためには必要な“善い”こと。

この価値観が会社全体に充満したとしたら、
どんな未来を想像できますか?


サイン

 


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)