生産性を上げたい

成長が鈍ったときに読むページ

From:海東和貴
丸の内のオフィスより

私は、士業・経営者の顧問、
経営参謀として仕事をしています。
私とのセッションでは、多くの場合、
アクションプランを一緒につくります。

来月のセッションまでにこれとこれを進めましょう、
という約束をして、行動を早めてもらうのです。

いつまでに、自分の成長のために、何かを達成する。

これは自分との約束です。
つまり、その約束を破っても
自分以外の第三者はあまり困らない、という約束です。

自分との約束を守れない人という人はいます。
例えば、次月までに中期経営計画を立てる、
という自分との約束。
「緊急」ではないけれど「重要」な内容です。
しかしながら、期日までにできなくても、
誰にも迷惑をかけません。
ただ、自分との約束を破っただけです。

自分との約束を破ることに慣れてくると、
その人の成長が鈍化します。
そして、これも多くの経営者と接してわかったことですが、
「人との約束」を守らない人は、
「自分との約束」も守らない傾向があります。

人との約束を守らない 
⇒ 自分との約束を守らない 
⇒ 成長が鈍化する
という負のスパイラルに陥っている人もいる、
ということです。

蛇足ですが、悪意なく、
人との約束を守らない状態の場合、
その理由は2つです。
・仕事の“やり方”に問題がある
・その場の空気を良くするために口先だけで話している

話が逸れました。
これを読んでいるあなたは、
人との約束はきちんと守っているはずです。
一方、自分との約束はいかがでしょう??
きちんと守れていますか?

仮に、自分との約束を破り慣れているとしましょう。
その場合、「自分との約束」を
「人との約束」に変えてしまうことが有効です。

ジムでは、パーソナルトレーナーをつけ、
次回の予約を必ず入れる。

家族やスタッフに宣言して、進捗を共有する。

私のような“相談役”に自分との約束を共有し、
見守ってもらう。

想像以上にパワフルな手法です。
試してみてはいかがでしょう??


サイン

 


かつて有料で販売していた教材、いまだけ[無料]で手に入ります。
「時間に追われる」のではなく、「時間を手のひらでコントロール」したい経営者は他にいませんか?

Podcast購読のご案内

経営参謀(顧問参謀)として、これまでに700の中小企業・法律事務所・税理士事務所・社会保険労務士事務所・司法書士事務所・学校法人などの経営を支援してきた、
THE PROFFESIONAL®︎主宰:海東和貴がお届けするポッドキャストを無料で購読することができます。

ご購読方法(iOSの方)

左記バナーをクリックしてPodcastアプリを起動。「購読」ボタンより番組を登録すると、新着記事が配信されるたびに通知がきます。
(Podcastアプリの通知設定をONにしてください。)

アプリをお持ちでない方

App StoreよりPodcastアプリをダウンロードしてください。(無料)